ケルンで

こんばんは

Glucklich(グリュックリッヒ)です

買付け日記、今日はベルリンからブリュッセルへ移動した日のこと...

ベルリンからブリュッセルへは、使う列車にもよりますが片道約7時間くらいです

私はベルリンを朝早くに出発し、午後早めにブリュッセルへ到着しようと計画していました

チケットの関係でケルン経由だったので、ケルンで列車を乗り換える予定です

ケルンまでは順調に計画通り進み、列車を乗り換えようとホームで待っていました

すると、、、、
なかなか列車がホームに入って来ず「ホームが変わります」というアナウンス

きちんと聞き取れなかったので一旦ホームを離れ移動先のホームを確認しにインフォメーションへ

インフォメーションが少し混んでいたのでちょっと心配でしたが
電車も遅れているようだし大丈夫だろうと思いのんびり順番を待つこと約5分

チケットを見せてホームを確認すると、さっきと同じホームに列車が入っているから急いで!!!!!と...

びっくりしてホームに駆け上がると丁度列車の扉が閉まったところ.....

一旦扉が閉まってもガチャガチャレバーを引くと扉が開くことがあるので試してみるも
時既に遅し...

列車はゆっくりと出発し、ブリュッセルへと旅立っていきました....

再びインフォメーションに行き、次のブリュッセル行きの列車を確認すると
なんと4時間後!!

ということで次の列車が来るまで、急遽ケルン観光をすることにしました


ケルン中央駅
駅前は観光客で賑わっていました
e0352808_22404565.jpeg

駅を出ると目の前にケルン大聖堂がそびえたっています
ビックリな大きさです
普通のカメラでは1枚に収まりません
e0352808_22521270.jpeg
近づいてみると
入り口の装飾が素晴らしい!

日本のお寺や海外の教会・寺院などを見ていつも思うのですが
昔の人が時間をかけて作り上げたその装飾の一つ一つに圧倒されます

どのくらいの時間や思いが詰まっているのだろう...
機械で大量に作られた物とは違う、重みや本物感

私が扱っているヴィンテージの雑貨を見ていても思うのですが
大量生産されたものとは違う空気がそのものに宿っている気がします

e0352808_22411876.jpeg
e0352808_22411094.jpeg

装飾一つ一つがとにかく洗練されていて魅力にあふれていました
e0352808_22414088.jpeg
e0352808_22414735.jpeg
中に入ると巨大なステンドグラスと厳かな雰囲気
たまたま、パイプオルガンの演奏が行われていてその音色が大聖堂に響きわたり
あまりの美しさに鳥肌が立つほどでした

電車、乗り遅れてよかった...笑

e0352808_22413012.jpeg
e0352808_22412407.jpeg

そんなこんなでパイプオルガンの演奏に浸ったり
ケルン中央駅の中を散策したりしていたらいつの間にか4時間経っていました


つづく


東欧雑貨店 Glücklich(グリュックリッヒ)
HP:http://glucklich.ocnk.net
Facebook:https://www.facebook.com/Glucklich.jp
instagram:https://instagram.com/glucklich2015/
twitter:https://twitter.com/Glucklich_2015





















[PR]
by glucklich-1 | 2016-02-25 23:07 | 買付け日記 | Comments(0)
<< 東ドイツ(DDR)時代のトレー... ドイツの食堂車 >>